代表メッセージ

はじめにお聞きしたいこと

当社への応募を考えている方へ、まずお聞きしたいことがあります。
あなたは「仕事」にどのようなイメージを持っているでしょうか。
また当社で、どういう「仕事」が出来ると考えているでしょうか。

人材採用に関して、当社でとても重要だと考えていること、
それは「価値観の共有が第一、機能充当型の採用はしない」という点です。

単に、足りない技術を補うために人材を採用するのではない。
長く同じ目標に向かって歩んでいける人に「仲間」として加わって欲しい。
そのためには、応募の時点で可能な限りミスマッチを無くす努力をしなければ
なりません。ですから当社では、応募された方に最初に仕事観をお聞きします。

仕事とはどういう物だと考えているか。
今後、どういう仕事、どういう働き方をしていきたいか。
これまでの人生で、その考えを反映するような出来事があったか……など。

そしてもちろん、私たちの考えもお伝えします。
ポートフォリオを見せていただくのは、そこで合意出来た後です。
私たちは、あなたの採用を1年や2年のスパンではなく、20年、30年に渉る
長いお付き合いの始まりだと考えているからです。

仕事は辛くて厳しいもの

私たちの考えとして、第一にお伝えしたいのは「仕事は辛くて厳しいもの」だということ。
私たちの携わるゲームやその他エンターテイメント作品は、生活必需品ではありません。
無くてもいい物をあえて作って、それを買っていただく。
基本的にそういう仕事をしているのだという認識は持っていてほしいのです。

「無くても困らないけど、あったら楽しそうだから買いましょう」
そう言っていただくのは、実に大変なことです。
スマホの時代になって、世界中の競争相手が横一線に並んでいます。
すでに売上が数千億円もある巨人のような相手とも同じ土俵に立って競い合い、
そして私たちの作品を選んでいただく。途方も無い闘いです。
ほとんどの場合は、まるで評価さえしてもらえないまま素通りされて終わって
しまう。絶望的にも思える、そういう仕事です。

でも、だからこそ面白いと言える。
世界規模で、みんなが同じ土俵の上で闘えるのです。
私たちのような小さな会社でも、巨人たちの作品を圧倒するほど多くの方に
喜んでいただける可能性が、常に存在している。
こんなチャンスは、いまだかつて無かったことです。

これを聞いて、あなたはどう感じますか?

スキルや才能も大事、だけど

そういう辛くて厳しい仕事をしていくにあたって、なにが重要なのか。
長期に渉って希望を持ち続け、しっかりと地に足をつけ歩み続けるために
なにが必要なのか。

スキルや才能も大事ですが、私たちはなによりも「覚悟」こそが大事だと
考えています。
自分にはこの道しかないんだ、ここで仕事をすることが自分のためにもなり
皆のためにもなるんだ、と信じられるか否か。
それが信じられれば、辛くて厳しい仕事にも前向きになれる。
信じられなければ、単なる苦行になる。

そのどちら側になるのかは人それぞれ違っていて、しかし、しばらく働いて
いると、かなり明確に出てきます。
だから皆さんにも、まずそこをしっかりと見つめて欲しいのです。
辛くて厳しい仕事だと聞いて、それでもこの道しか無いと思えるかどうかを。

世の中には色々な仕事があります。
決まった時間、決まったことをしていればいいという仕事もある。
私たちの仕事はそういう物とは根本的に違います。
それを敢えて選ぶだけの理由、覚悟があるのかどうか。
まずそこを、しっかりと見つめて欲しいのです。

会社の存在意義

脅すようなことを書きましたが、当社の存在目的である「ミッション」は
「お客様に喜んでいただくと同時に、社員の物心両面での幸福も追求する」
という物です。
お客様に楽しんでいただくと同時に、私たちも幸福になるために働いています。
ではその「物心両面での幸福」とはどういう物なのか。
物質面は待遇や労働環境などわかりやすいと思いますが、心の幸福とは?

私たちの考える心の幸福は「仲間と共に困難に挑戦し、知恵と努力で克服
することによって、自分自身も成長する」ということを指します。
仕事で苦労をすることによって人格を磨き、自分自身を一歩でも二歩でも
向上させて、理想とする姿に近づいていく。
その過程自体が幸福である、という考えです。

ですから会社は、共に困難に挑戦し修行する場です。
働く人たちの向上心がぶつかり合い、お互いに切磋琢磨する場として、この
会社は存在しています。

当社の価値観

その他にも、当社の考え方には様々な特徴があります。
それらは面接時にもお話ししますし、入社後の新人講習にも含まれています。
いくつかの例を挙げます。

・熱意が第一
  当社は、まず第一に熱意に溢れた集団を目指します。熱意は上から
  順番に持っているべきものだと考えます。
・楽しんでいただく意識
  「自分がやりたいこと」ではなく「お客様に楽しんでいただくこと」
  に、ファーストプライオリティを置こう。
・使われやすい人になる
  世の中に認められて伸びていくのは、使われやすい人です。
  そのような人の集団になることで会社も伸びていきたい。
・無い物を創る
  まだ世の中に無い物を作り出すことを「クリエイト」と言います。
  クリエイト出来る人になろう。
・常に創意工夫
  頭を柔軟にすれば、すべての仕事に改善の余地が見えてきます。
  常に少しずつでも改良を加えていきましょう。
・素直さ
  頑固さは無用な停滞を招きます。
  「雨が降ったら傘をさす」素直さを大事にしよう。
・理想を描く
  本当にそれを実現したいと望めば、ほとんどの事は実現出来ます。
・共に大きく育つ
  一緒に困難を乗り越えて共に成長する。会社はそういう場でありたい。
・全員参加
  社員は単に「作業」をする人ではなく、会社は「個の集団」では
  ありません。
・渦の中心になる
  不満足な状況があるなら自分から動いて変えましょう。
  リーダーシップはそこから生まれます。
・いつも明るく前向きに
  後ろ向きの言動が良い結果に繋がる事はありません。
  常に明るく前向きに、改善を続けていきましょう。

当社のビジョン

当社がこれから10年かけて目指していくのは、幅広い年齢層の社員が
在籍する「良い会社」です。

私が考える「良い会社」は以下の通りです。

1.大義があり夢を見られる。
  ただ生活費稼ぎのためにする仕事ではなく、大きな意義があり、
  大きな結果に結びつく可能性に満ちた仕事内容である

2.着実に発展していく
  規模や待遇などすべての面で、緩やかであっても着実な上昇を
  維持出来ること

3.熱意を軸にしたピラミッド組織
  能力よりも熱意に重きを置いて人事がなされる組織であること

最後に

ここまでの内容を読んだ上で、もし「ここだ!」と思われた方が
おられるなら、ぜひ10年後の当社を作る仕事を手伝っていただきたいと思います。
とても、やりがいのある仕事です。
きっと後から振り返っても充実した人生になると思いますよ。

貴方からのご応募をお待ちしています。

代表取締役 吉武直志